So-net無料ブログ作成
検索選択

インドとの戦闘開始。 [インドを旅するということ]

12月26日。インド初入国。折しもスマトラ地震の起こった当日であり、おそらく飛行機でインド洋の上を飛んでいるときに、あの津波が20万人以上の命を奪っていたと思われる。
そんなこととはつゆ知らず、のんきにカルカッタ空港に着いた私は、早速インドの洗礼を浴びる。
ひとつひとつきっちり文書にするときりがないので、要点だけ。

空港到着。早速、金を両替。4万円両替するが、最高額紙幣が500ルピー(1400円)のため、見事な札束となる。たとえ空港のカウンターの中の人間とはいえインド人を信用してはいけないので、枚数をしっかり数える。合格。

すぐ隣に、プリペイドタクシーカウンター。カルカッタの中心地までは180ルピー。地下鉄の一番空港側の駅(DomDom)までは120ルピー。「駅まで」と言って、500ルピー渡す。おつり、280ルピー。キタカ。インド、初クレーム。このあと1000回くらいやるのですが。。

プリペイドタクシーカウンターでもらったチケットを持って、タクシーのたまり場へ。
運転手「DomDomの駅は工事中。地下鉄は止まってる。ムリ。行けない。あと200ルピー払ったら、中心部まで行ってやるぜ」
も「嘘つくな!いいから行け!」
運転手「じゃあ、カウンター行って聞いてこいよ」

カウンターに戻ろうとするも、空港の入り口でライフルを持った警備員に止められる。
【ライフルは接近戦に弱い】と、ゴルゴ13を読んで学んでいたため、恐れずにわけを話して入れてもらう。これが二回。普通、ここでびびって、200ルピーぼられるんだろうな。。

カウンター「地下鉄は動いている。でも、駅の近くが工事中で近くまで行けないかもしれない。」
たぶん、嘘。
も「わかった。もういい。中心街までに替えてくれ。」
カウンター「じゃあ、もう80ルピーだ」
100ルピーを渡すも、おつりよこさず。またクレーム。うざい。

再びタクシー乗り場。やっと乗る。。
このあと、タクシーに乗り込むも、街までの30分間運転手がノンストップでいいホテルがあると進めてくる。「もう予約済み」「イヤだ」「黙れ」何を言っても聞く耳持たず。

こんな感じで、他の国なら10分で終わる【空港でタクシーを捕まえて街に向かう】という作業に、60分の時間とカツ丼一杯分のムダな体力を使わなくてはいけない。これがインドです。
思い出しただけで、うんざりしてきた。。。


インドタクシー。インド国産。ぼろい。排気ガスが異様に白い。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。