So-net無料ブログ作成

インドの犬 [インドの動物]

暖かい国の犬は総じてそうであるが、とてもやる気がない。


ぐでー。

人が近づこうが、車が近づこうが、ぐでー。
当然、バンバカ轢かれてる。。。
そんな感じで、全然危険を感じさせないインド犬たちですが、一度だけ酷い目に遭いました。

アーグラーという街からニューデリーへ電車で行ったとき。
午後11時30分到着予定の列車が、めでたく3時間ほど遅れて、到着は午前3時半。
途方に暮れているとリキシャーマン(キン肉マンの超人ではなく、人力車を引っ張る人)がわらわら寄ってきて優しい言葉をかけてくれます。
向こうから声をかけてくるインド人はみんな嘘つきであり、相手をしてはいけないので、シカトして歩いていると、あっという間に道に迷いました。
ニューデリーは、駅のすぐ近くが安宿街なので、どってことないと思ったのですが、明らかに街が暗すぎます。が、遠くに何件かホテルが連なってるのが見えます。よしよし。

一件目のホテル。
インドのホテルの従業員は、限りなく奴隷に近い扱いを受けているため、ロビーの床に寝ています。
こいつらをたたき起こして、泊まれるか聞くと、800ルピー(2000円)。高すぎ。

仕方ないので、その隣のホテルへ行こうと外へ出るのですが、外からけたたましい犬の声が聞こえます。吠えすぎ。

しかし、中国の古くから伝わることわざに【弱い犬ほどよく吠える】というものがあるので、シカトしてその横を歩いていたら、

あ。

思いっきり噛まれたよ。。鞄が。
「あーあ。もう5年も苦楽を共にしてきたトートバックに穴が空いちゃったよ。。」
と、思いながら次のホテルに入り、部屋をとって泥のように眠りました。

次の朝、インド前に聞いた友人の言葉がふと脳裏をよぎりました。
「犬には気をつけた方が良いよ。狂犬病、発病したら、致死率100%だからね。」

おおっと。たかがホテル代800ルピーけちっただけで、命の危険を冒しちゃったよ。
睡眠不足って、判断狂わすからいやだねえ。。

ちなみに、そんな危険を冒してまで見つけたホテルがコレ。

なんで、ベッドが丸いんだよ。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。