So-net無料ブログ作成
検索選択

ブッダガヤーとスジャータの村 [インド 観光名所]

以前、ヒンドゥー教の聖地、バラナシのお話をしましたが、今度は、仏教の聖地、仏陀が悟りを開いた(正確に言うと、「ゴータマ・シルダッタというおっさんが悟りを開いて仏陀になった)場所、ブッダガヤーの話です。

この小さな町は、ある意味仏教の総本山であり、たくさんの国の人が寺を造っています。
下の、日本寺以外にも、タイ寺、チベット寺。。。
日本寺では、日本人の坊さんが日々修行に励んでいます。ちなみに、毎日5時には寺の鐘が鳴ります。ごーん。

 

そして、この町の真ん中には、仏陀が悟りを開いた菩提樹があります。

元はこの木に触ったり出来たのですが、我が日本の恥、麻原彰晃というアホが、この木に登って遊んでいるところをビデオに撮って、信者に売りさばいてたりしたため、周りに柵が張られ、中に入れなくなってしまいました。

また、この木がある敷地内には、お祈りをするところがあります。
菩提樹の周りにマットが敷いてあり、そこでたくさんの人がお祈りをしているのです。

ん?この動きは、もしや・・・ヒンドゥースクワット

仏教のお祈りの動きがヒンドゥースクワットというのはこれいかに。。
まあ、たぶん、アントニオ猪木あたりの一杯食わせ物が、インドに行った時に見たこのお祈りの動きが、運動になりそうだったために、「インドだからヒンドゥー教だろ」とかいういい加減な形で名付けたのだろうと考えらられます。

さらに、この町からバイクで10分くらい行ったところに、スジャータの町があります。
ゴータマ・シルダッタが修行で餓死しそうになった時に、羊の乳のスープを与えて命を救った少女、彼女の名前がスジャータ。そして、彼女が住んでいた町が、このスジャータの町です。
ドラクエに出てくる町のように、単純なネーミングです。

ちなみに、コーヒーにスジャータ」も、このスジャータから取っています。たぶん。

ここは、貧乏ながらのどかな町。ちょっと町を外れると、広場と畑が広がります。

遠くに見えるのは、ゴータマ・シルダッタが修行していた山。
汚れたインドにも、こんな素敵なところがあるのかと、しばし、癒されたもりぞおさんでした。
まあ、この感傷は、すぐにぶちこわされるのですが。

続く。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 2

Sonu

インドの旅行会社

by Sonu (2008-04-18 17:41) 

Bodaiju Tours Private Limited

ボダイジュ ツアーズ (インドの旅行会社)
www.bodaijutours.com
www.tajindo.com
by Bodaiju Tours Private Limited (2008-04-18 17:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。